2020/07/02

新型コロナによる影響で失業したので社会福祉協議会で20万円の特例貸付できた話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
Pocket

社会福祉協議会 貸付 コロナ

こんにちは、けんやです。

新型コロナウィルスのせいで生活が苦しいという人のために政府が支援している貸付制度
緊急小口資金と総合支援資金で10万円~20万円のお金を借りることができます。

実は私もコロナの影響で失業してしまい生活が苦しくなり困っていました。
ですが、お金を借りることに後ろめたさがありましたが、
にっちもさっちもいかない状態だったので思い切って緊急小口資金の特例貸付を利用して20万円
お金を借りることができました。

この記事では私の体験談を踏まえ社会福祉協議会で具体的にお金を借りる方法を書いています。
この記事を最後まで読むと政府が援助している社会福祉協議会から
あなたもお金を借りることができるようになります。

先日こんなツイートをしました。

社会福祉協議会で給付金を貸付する条件

コロナの影響で休業中または失業中の人は社会福祉協議会で給付金の貸付が可能です。

休業中の人は緊急小口資金で10万円以内
失業してしまった場合は総合支援資金で月20万円以内の貸付をしてもらえます。

あなたが休業中なら緊急小口資金で10万円以内の貸付の申請を行ってください。
あなたが失業中なら総合支援資金で月20万円以内の貸付の申請を行ってください。

社会福祉協議会に申請して振込されるまでに
最短で3日で遅くて10日後になります。
残念ながら即日に振込されるわけではありません。

だから困ってるならこの記事を読み終えたらすぐにも社会福祉協議会に電話して申請手続きをしましょう。

社会福祉協議会で貸付できる人はどんな人?

貸付が可能な人はコロナにより失業または休業してしまった人たちです。
お金に困っている、生活に困っているという人は必ず貸付の申請をすべきです。
なぜならお金がある場合とない場合では精神衛生上全く異なるからです。

お金がなく苦しい状態に陥ると認知機能がさがります。
つまり、視野が狭くなり正常な考えができなくなります。
そうると当然ですが最悪なコトを考えるようになります。

 

だからお金がない状況なら遠慮なく社会福祉協議会でお金を借りてください。
そのための制度なのですから。

間違っても消費者金融からお金は借りないようにしましょう。
なぜなら、利息がつくからです。
一方で社会福祉協議会で借りるの場合は据え置き期間があり無利子だからです。

社会福祉協議会の制度

コロナによる影響で社会福祉協議会でお金を借りると1年間は据置になります。
つまり、1年間は返済する必要はありません。

償還期間は緊急小口資金の場合は2年以内
総合支援資金は10年以内です。
つまり、緊急小口資金の場合は2年以内に返済すればよい。
総合支援資金は10年以内 に返済すればよい。
期間内に返済すれば貸付利子は発生しません。

 

緊急小口資金は1回のみの貸付なので2年以内に返済しなければなりませんが、
総合支援資金は仕事が見つかるまでなので原則3か月間、貸付できます。
そのため、貸付する金額も大きいので10年以内に返済するようにとなっております。

ちなみに保証人は必要ありません。

社会福祉協議会の貸付で必要なものとは?

社会福祉協議会で必要なものは以下の通りです。

1.世帯全員の住民票(本籍・続柄記載のこと。マイナンバー不要)
2.本人確認書類(運転免許証、その他顔写真付き証明証)
3.3か月間の給与明細書(通帳に記帳していたらそれで可)※
4.印鑑登録証明書
5.印鑑(銀行印)
6.振込口座の写し(振込口座)

※ネットバンキングで通帳がない場合は印刷する必要があります。

念のため、あなたの住んでいる市町村の社会福祉協議会でも必要なものを電話で確認することをおすすめします。

全国社会福祉協議会のサイト

社会福祉協議会で貸付する流れ

実際、私は社会福祉協議会で緊急小口資金の特例貸付で現金20万円を借りることができました。
住んでいる県の社会福祉協議会に行って申請してから10日後に指定した口座に振込されていました。

貸付するまでに具体的にやったことや社会福祉協議会の担当の人の特徴などを書いていきます。

最初は社会福祉協議会で貸付をすることに抵抗があった

最初は社会福祉協議会に行くのをためらいました。
なぜなら、恥ずかしさと返済義務があったからです。
ですが、このままでは困窮してしまうのでやむを得なく
社会福祉協議会に行って給付金の申請をしにいきました。

まずは住んでいる市町村で社会福祉協議会に電話をしました。

最初に言うセリフは
『新型コロナウィルスの影響により失業しました』
と言えば、電話口の担当の人が説明をしてくれます。

説明内容は
①持ってくるもの(以下の6点)
1.世帯全員の住民票(本籍・続柄記載のこと。マイナンバー不要)
2.本人確認書類(運転免許証、その他顔写真付き証明証)
3.3か月間の給与明細書(通帳に記帳していたらそれで可)※
4.印鑑登録証明書
5.印鑑(銀行印)
6.振込口座の写し(振込口座)

②来れる日の確認
の2点です。

①持ってくるもの

持ってくるものに関して
世帯全員の住民票(本籍・続柄記載のこと。マイナンバー不要)
印鑑登録証明書
に関しては役所に行かなければ手に入らない ので必ず準備しましょう。
用意しないと申請手続きができないので二度手間になります。

②来れる日の確認

予約制になっているので都合の良い日に予約しましょう。
密集状態を避けるための配慮です。
人が密集しない時間帯に行けて無駄なリスクを回避することができます。

社会福祉協議会に行く前には必ず
あなたの住んでいる市町村の社会福祉協議会に電話をして予約をとりましょう。

都道府県・指定都市社会福祉協議会のホームページ(リンク集)

社会福祉協議会に行ってきた体験談

社会福祉協議会ではお客さんは全然いませんでした。
お客さんは相談室にはいたのですが待合スペースには一人もいませんでした。
予約をしっかりとったからです。

私の担当してくれた人はとても親切丁寧に貸付の説明をしてくれましたが、
中には厳しい担当の人もいると聞いたので確実に貸付ができるようになるためのポイントをお伝えします。

審査が通過するポイントは顔は下向きで生気を感じさせないほど落ち込んでいるように接します。
明日にでも自殺するじゃないかと切羽詰まっている感じで担当の人と会話してください。
当然ですが、担当する人も人間ですから
『この人には貸付しないとやばいとぞ。』という印象を抱かせることがポイントです。

切実に困っていることを伝えてください。
実際、困っているわけですからよりおおげさに演技交じりでやるのがいいでしょう。

社会福祉協議会で貸付ができなかった場合

Twitterなどや掲示板などの口コミを見てみると
社会福祉協議会に何度か借りて返済ができなかったから貸付ができなかったという人も中にはいるみたいです。

ですが、あなたは困っていますよね?

その場合に他の方法をご説明します。

コロナの影響で貸付の審査がゆるくなっている企業があります。
それがLineが運営しているポケットマネーです。
Lineをやっている人なら、Lineポケットマネーで検索したら出てきますねので確認してみてください。

または1時間あれば今すぐにお金を1万円以上稼ぐ方法があります。
これは1度きりしかできませんが少しでも足しにしたい人は読んでみてください。
1時間以内に1万円以上稼ぐ方法(もちろん合法です)

社会福祉協議会で貸付することもできないヘタレなメンタル

今でこそ社会福祉協議会で貸付することができほどメンタルが強くなったのですが、
以前は社会福祉協議会で貸付することもできないほどヘタレなメンタルでした。

それは私の自己紹介文を読んで頂ければよくわかると思います。


もし、メンタルがへたれな状態だったら貸付することもできずに家を追い出され
路頭に迷いコロナに感染していたんじゃないかとゾッとしています。


だからメンタルを鍛えて良かったと思っています。


豆腐メンタルでもメンタルを鍛えることができるようになれば
行動できるようになりますので、
もしあなたがメンタルを弱いと自覚している場合は
私の過去のプロフィールを読んでみてください。

 

きっと勇気をもらえるようになりますよ。

けんやの自己紹介(凡人から超人になるために)

社会福祉協議会で貸付した体験をYoutubeでも発信しています

実際に社会福祉協議会で特例貸付したときの体験を
Youtubeでも話ていますので合わせてご覧ください。
きっとあなたの参考になるはずです。

社会福祉協議会で給付金を貸付するのは恥ずかしいことではありません!

コロナの影響で生活に困っている場合は社会福祉協議会を利用して
お金を借りることは決して恥ずかしいことではありません。

だから安心してお金を借りましょう。

社会福祉協議会からお金を借りて精神的に余裕になったら次にすることは明確です。
それは仕事を早く見つけることです。

 

未経験でも仕事ができるおすすめ案件がありますのでご紹介しておきます。

【未経験OK】看護助手の派遣のおすすめ求人サイト&1年間勤めた感想有!

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© メンタルブログ , 2020 All Rights Reserved.