2020/03/23

内向型の人が集中して落ち着くスイートスポットの探し方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも、林です。(@mental_hk

以前の僕は人混みやうるさい環境にいると緊張と不安にかられていました。
何故なのか全然、原因がわかりませんでしたが、
どうやら刺激に対して高反応をする内向型だからということがわかりました。

僕自身、内向型ということがわかり内向型について勉強していると
『スイートスポット』というのがあることがわかりました。

ちなみに『スイートスポット』をググるとテニスやバトミントンなどで
ボールが最も飛ぶ点とその周辺みたいなことが書かれていますが、
ここで紹介することとは全く関係ありません(笑)

心理学が言うには『スイートスポット』とは最適な覚醒レベルのことを言うみたいです。

こんな人におすすめ
内向型が生き生きとして人生を送れる『スイートスポット』の探し方

あなたは内向型ですかそれとも外向型ですか?

この後の内容は内向型向けの記事になります。

もしあなたが内向型もしくは外向型のどちらからはっきりしていない場合は
ブログ記事の内向型か外向型の自己診断テストを参考にしてみたください。

 

診断の結果・・・

 

あなたは内向型ですね?

では、続きをお読みください。

内向型は人と接した後、どっと疲れが出るのが特徴です。
エネルギーチャージが出来るのは一人でいるときです。

一方で外向型の人は人と接している時にエネルギーをもらえるみたいです。
僕の知人でも外向型がいるのですが、寝る時以外は誰かと常に一緒にいるという人がいます。
僕はすごいなぁ〜と思いながらも本人にとっては当たり前と言うかむしろ、
家にいるよりかは常に誰かと一緒にいたいと言っていました。
僕からしたら地獄な環境なんですがねw

他にも外向型の人でお笑い芸人の明石家さんまさんも
常に誰かと一緒にいて話していると言うのを聞いたことがあります。
まさに外向型の特徴ですね。

話が脱線しましたが、一方で内向型は一人でいる時には一番、落ち着きます。
僕個人の見解ですが、ナインティナインの岡村隆史さんは内向型でだと思っています。
と言うか、内向型だと断言できます!!
岡村さんは、仕事以外は一人でいることを非常に好むと以前、ラジオで話していました。
仕事柄、人と接する機会が多いですから、プライベートはどうしても一人でいたいんでしょうね。
(その気持ち、非常によく分かります。)

岡村隆さんのプライベート旅行はとても楽しそうですね。
無理なく伸び伸びとしているのが観ていて癒されます。
岡村隆さんの素の部分が観れますが、やっぱり内向型だと感じます。

またまた話しがそれましたが、
一人でいる時に気をつけて欲しいのが、部屋にこもってしまうと言うことです。
ずっと部屋にいるとメンタル的にはよくありません。

僕は引きこもりになった時、ずっと部屋にこもっていましたが、鬱になりかけたことがあります。

部屋にいる時は確かに安心しますが、と当時にメンタル的には問題を抱えてしまいます。
そこで、
最適な刺激レベル『スイートスポット』を探すことをおすすめします。

最適な環境を見つけることで人生がよくなる『スイートスポット』を見つけよう!

『スイートスポット』とは最適な環境のことです。
「ここにいると落ち着くなぁ。」と言う場所があればそれは『スイートスポット』になります。

ちなみに、僕は人気が少ない公園だったりコアキングスペースホテルなどです。
散策して自分だけの『スイートスポット』を発見することが出来たらいいと思います。


特に自然の多い場所普段のストレス解消や集中力を上げる効果などがあり
メンタル的にも非常におすすめです。

内向型の人や外向型の人の最適な刺激レベル

内向型の人と外向型の人はそれぞれ最適な刺激レベルというのがあり
お互いに違うということが研究でわかっています。
以下の引用文は内向型で有名なスーザン・ケインさんという本から引用しております。

1960年代終わりから数十年に渡って、著名な心理学者ハンス・アイゼンスが
人間は強すぎもせず弱すぎもしない「最適な」レベルの刺激を求めいる仮説を主張しました。
刺激とは、私たちが外界から受ける力のことで、様々な形をとり
例えば、騒音も社交も眩しい光も刺激となる。
アイゼンスは、外向型の人は内向型の人よりも強い刺激を好む、
このことが両者の違いの多くを説明すると信じた。

内向型の人はオフィスのドアを締めて仕事に没頭するのを好むのは、
そうした静かで知的な活動こそが彼らにとって最適刺激だからです。

外向型の人はチームビルディングのためのワークショップのまとめ役とか会議の司会など、
より積極的で明るい活動に充事している時がもっとも快適に感じる。

内向型と外向型とでは、活動するための最適な刺激レベルは大きく異なる。

引用元:内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」著者:スーザン・ケイン

確かに経験則として、うるさい環境よりも静かな環境の方が集中出来ました。
また、大人数で催す懇親会やパーティでは
相手の話している内容が全く耳に入らなくて困ったことがありました。
自分は他の人と違うのかな?って思ってましたが、
内向型の最適なレベルがかけ離れているとこうなるだというのがよくわかりました。

逆に、少人数だと相手の話している内容もよく理解できるし、
会話もとても盛り上がることの方が多かったです。

よく知られている実験がある。
外向型の人と内向型の人に単語ゲームをするよに指示する。
ゲームは難しく、試行錯誤を重ねて鍵となる原理を見つけなければならない。
その最中に、ランダムに雑音が聞こえてくれるヘッドホンをつける。
ヘッドホンの音量は自分にとって「最適な」レベルに合わせるように言われている。
その結果、平均して

外向型の人は72dB
内向型の人は55dB

〔目安〕
50dB・・・エアコンの室外機・静かな環境
70dB・・・掃除機・騒々しい街頭
日常生活で「静かだ」と感じるのは45dB以下です。

自分が選択した雑音レベルの時に
-外向型は高く、内向型は低い結果になった。-
両タイプは同じ程度に覚醒した。
単語ゲームの結果も同程度だった。

引用元:内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」著者:スーザン・ケイン

確かに僕もうるさい場所や部屋で好きな音楽をガンガン流すと全然、集中出来ません。

メンタリストのダイゴさんも内向型で有名ですが、
彼がオススメしているノイズキャンセリングヘッドホンが無音状態になるので、
集中したい時などに必須アイテムと話しておりました。

電車の中でも静かになりたい場合などに使うのもいいですね。

また先ほどの実験で逆の雑音レベルでゲームをすると、全く違う結果が出た。

内向型は高レベルの雑音で覚醒されすぎて、
単語ゲームの結果が悪くなり、5・8回で正答出来たものが、9・1回かかった。

外向型の人は静かな環境では覚醒が低すぎて、
5・4回で正当出来たものが、7・3回に増加してしまった。

引用元:内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」著者:スーザン・ケイン

音の刺激レベルでもこんなにも集中力に影響がでるというは驚きですね!!
逆に自分に最適な刺激レベルを知ることで、集中力を高めることができるということですね^^!!!

将来を左右する『スイートスポット』での時間の使い方

『スイートスポット』では自分だけの空間です。ボッーと時間を使うのもいいのですが、
集中力も上がるので、将来の投資の時間に当てることをオススメします。

例えば、読書をしたりアイデアを出しり学習したりなどなどです。
僕なら、公園では次のブログのテーマを決めたり記事を書くなどの時間に当てます。
ホテルではリトリートと言ってこれまでの人生を振り返ってみたり目標の設定などに
じっくり時間を当てたりしています。

内向型は思考したり感情を楽しむ傾向になるので、
自分だけの『スイートスポット』で有意義な時間を過ごしてみてください。

まとめ

内向型は人と接するとドット疲れが出るのが特徴出来です。
多くの現代人は常に人と接する機会が多いかと思います。
だからこそ、一人の時間を確保してエネルギーを充電して
明日をより快適に過ごせるように自分だけの『スイートスポット』を探すことが
とても大切になってきます。

自分にあった最適なレベルを探してみてください。

『スイートスポット』を知っていれば、
今よりももっとエネルギッシュで生き生きとした人生を送ることが出来ますので、
ぜひ時間をかけてゆっくり探してみてください^^!

追伸:怠惰な2ヶ月半

11月の中旬〜2月の頭までもっぱらアニメざんまいでした、、、
1日16時間近くアニメを観ておりました。
おかげで眼球がヒクヒクしておりました。
今では目の疲れもとれましたが、怠惰たる時間を過ごしたことを
深く反省はしてませんが、次回はそうならないように気をつけないとな。

いや〜寒かったら布団から出るのが億劫で仕方なかったんですよね。
今年の冬は南国にでも行って過ごそうかな(笑)
『氷菓』というアニメの主人公が省エネキャラでめっちゃ内向型キャラでした。
内向型なら、観てみるといいかもしれませんね^^
他にも内向型キャラだと言えるのが、
『俺の青春ラブコメは間違っている』の主人公:比企谷 八幡(ひきがや はちまん)
『ようこそ実力至上主義の教室へ』の主人公:綾小路 清隆 (あやのこうじ きよたか)

内向型なら「あっーわかる!」ってなりますよ(笑

U-NEXTで全部、観れたので紹介しておきます。

31日間無料のU-NEXTで視聴する

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© メンタルブログ , 2019 All Rights Reserved.