【PR】人生を変える50%

      2020/02/09

睡眠型診断でわかる最も集中力が適した時間とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも、林です。(@mental_hk

ここ数年、朝活というのが流行っていますが、
朝起きは三文の徳や朝起きは健康にも良いとされていますが、
最新の研究では無理して朝型にする必要がないということがわかっています。

こんな人におすすめ!
4つの睡眠型診断テストであなたは朝型もしくは夜型のどちらかわかる!

4つの睡眠型タイプ

睡眠型診断では4つのタイプがあります。
・ライオン型
・クマ型
・オオカミ型
・イルカ型
まずはそれぞれ4つのタイプを理解した上で無料で診断できる睡眠型診断をご紹介していきます!

ライオン型の特徴

睡眠型診断 クマ型 クロノタイプ

全体人口の15~20%の人がライオン型です。
楽天的、かつ現実的です。クヨクヨしないけれど物事をしっかり見て現実的に考えているタイプです。
自分を責め過ぎたり現実逃避はしないほうです。
基本的には昼に能力が全開になりますので昼にあまり眠くなることがなく昼寝も得意ではありません。
必要な睡眠時間は7時間程度です。

・全体人口の何%:15%~20%
・どんな性格:楽観的・現実的
・特徴:昼に能力が全開!
・必要な睡眠時間:7時時間程度
・最適な起きる時間:22時
・最適な運動時間:5時半~6時
・最適な集中時間:8時~12時
・最適なコーヒータイミング:8時~10時 / 14時~16時

クマ型

睡眠型診断 クマ型 クロノタイプ全体人口の50%程度はクマ型です。
基本的に親切です。開放的で楽しいことが好きなオープンな性格です。
オープンな性格ですが、知らない場所や知らない人に対しては若干緊張します。
能力が全開になるのは朝から昼にかけてです。
昼を過ぎると少し眠くなりますから午前中のほうが仕事がはかどる人が多いです。
睡眠時間は7時間以上寝ないと頭がスッキリしません。

・全体人口の何%:50%
・どんな性格:親切・開放的・人見知り、楽しい事好きでオープン、仲良くなるとよく喋る
・特徴:朝から昼は能力全開で朝活が好き、でも昼は眠い。
・必要な睡眠時間::7時間以上
・最適な寝る時間:23時
・最適な起床時間:7時
・最適な運動時間:7時~12時
・最適な集中時間:10時~14時
・最適なコーヒータイミング:9時半~11時半 / 13時半~15時半

 

オオカミ型

睡眠型診断 オオカミ型 クロノタイプ全体人口の15~20%の人がオオカミ型です。
創造性が高いですが気分屋です。感情に沿って行動しがちです。
かなりの夜型です。
夜のほうが集中力が高まったり、朝はぼんやりして眠いけれど夕方ぐらいから活動的になる人です。
必要な睡眠時間は7時間程度です。

・全体人口の何%:15%~20%
・どんな性格:クリエイティブ・気分屋、感情で行動、気分のアップダウン激しい
・特徴:朝強くない、夜更かし得意
・必要な睡眠時間は?:7時間
・最適な就寝時間:0時
・最適な起床時間:7時半
・最適な運動時間:18時頃
・最適な集中時間:17時~0時
・最適なコーヒータイミング:12時~14時

 

イルカ型

睡眠型診断 イルカ型 クロノタイプ最も珍しいタイプで全体人口の10%程度です。
知性的で頭を使う仕事に向いています。
神経質なところがありますが物事を注意深く見ることが出来る人です。
職人気質なところもあり完璧主義の罠にハマりがちなので
自分の中で満足する状態にならないと行動できなかったり
普通の人なら受け入れるときでも納得出来ないようなこともあります。
かなりの夜型で夜のほうが活動的になります。必要な睡眠時間は最も少なく6時間程度です。

・全体人口の何%:10%
・どんな性格:知性派・神経質・注意深い、とっつきにくい、話しかけずらい、完璧主義
・特徴:オオカミ型より強い夜型
・必要な睡眠時間:6時間
・最適な寝る時間:23時半
・最適な起床時間:6時半
・最適な運動時間:7時半
・最適な集中時間:15時~21時
・最適なコーヒータイミング:8時半~11時 / 13時~14時

4つの睡眠タイプ診断テスト:コアラマットレス

・ライオン型
・クマ型
・オオカミ型
・イルカ型
と説明してきましたが、
これから睡眠型診断テストであなたは何型か分かりますので、ぜひやってみてください^^!

睡眠型診断テストをやってみる!

結果が出たら続きをお読みください。
それぞれのタイプ別の睡眠改善方法を書いています。

4タイプ別のオススメ睡眠改善法

「ライオン」タイプのあなたは朝型です!

ライオンタイプのあなたは、夜更かしが苦手な朝型人間。

朝から元気モリモリで活動しますが、夜までエネルギーが持たないことも。
そんな人は、午前中にリラックスする時間を取ってみてください。

目をつぶって人生のやりたいことをイメージしたり、
大きいことを考えて心を落ち着かせると、良い一日のスタートを切れるのだとか。

寝る時間は22時ぐらいがベストです。
起きるのは5時半から6時ぐらいが最もスッキリ起きられます。

ライオン型は起きた瞬間に結構頭が冴えますが、
起きてすぐよりも少し時間が経ってからカラダは動かしたほうが良いです。

最も運動やエクササイズに向いているのは17時~17時半ぐらいがベストです。
朝から頭を使って、夕方頭がぼんやりしてきたら少し運動すると効果的です。
最も難しく集中力が必要な仕事に取り組むのは8~12時が良いです。
コーヒーを飲むのであればその午前中に1杯飲んで
14~16時の間にもう1杯飲むと覚醒度が続きやすくなります。

「クマ」タイプのあなたは昼型です!

50%もの人が当てはまるというクマタイプ。
体内時計が日の出と日の入りに合わせて動くので、
本当はたっぷり8時間の睡眠をとりたいところ。

このタイプの人は、1日を通してこまめに運動することを心がけましょう。
朝起きたら数分間でもストレッチしたり、
ランチの前後に少し歩いてみると良いかもしれません。
もし激しい運動をするなら、夕食前がオススメです。

でも時間を決めて激しい運動をおこなうより、
軽い運動をこまめに行う方が、深い眠りにつながるそうです。

寝るのはライオン型より少し遅めで23時ぐらいに寝るのがベストです。
起きるのは7時ぐらいです。エクササイズに向いているのは午前中です。
7時半~12時が運動に向いています。
最も難しく集中力が必要な仕事に取り組むのに最適なのは10時~14時ぐらいです。
コーヒーを飲むのはこの頭の冴えている時間を避けるべきです。
コーヒーを飲むのであれば9時半~11時半もしくは13時半~15時半ぐらいが良いと思います。

「オオカミ」タイプのあなたは夜型です!

あなたは午後から夜にかけてクリエイティビティを発揮するハンター、「オオカミ」タイプです。

朝は苦手でボーっとすることも多く、
1日の​スタートを切るまでには一定の時間を必要とします。

1日でもっともシャープでクリエイティブな時間を過ごせるようになるのは、
午後3時頃。
「オオカミ」タイプの人は、時に衝動的で反抗的な側面もあり、

夜遊びも好きなため、就寝時間は深夜12以降になることが多いはず。
健康管理が疎かになりがちなので、気をつけたいですね。

寝るのは日付が変わるぐらいの0時が良いです。
起きるのは7時半ぐらいがベストです。
夜型ですから、エクササイズに向いているのは18時ぐらいにするのが最もパフォーマンスが上がります。
最も難しく集中力が必要な仕事に取り組むのは17時~24時が効率的です。
コーヒーを飲むのは12時~14時ぐらいにしてください。

「イルカ」タイプのあなたは超夜型です!

「イルカ」タイプのあなたは、深い眠りも長い睡眠時間も必要とせず、夜中に目を覚ますこともしばしば。
ストレスホルモン「コルチゾール」が一日を通して分泌されているため、性格は内向的で心配性の一面も。

コルチゾールレベルが低い朝の時間帯はゆっくりとしていますが、
基本的には緻密で繊細な感性を持ち、脳の働き方も独特なので、
周りからも仕事がデキる人と思われているはずです。

寝るのは23時半ぐらいが良いです。起きるのは6時半ぐらいがベストです。
エクササイズに向いているのは7時半ぐらいからの午前中です。
最も難しく集中力が必要な仕事に取り組むのは15時~21時です。
コーヒーを飲むのは8時半~11時、または13~14時がベストです。

まとめ

僕の診断結果は「クマ型」タイプでした。
ライオン型やクマ型は昼すぎ頃にパフォーマンスが上がりますが、
逆に21時頃を過ぎると仕事にはならないので、諦めてゆっくり眠るのが良いです。

オオカミ型やイルカ型は20時前後が最もパフォーマンスが上がりますから、
夜に集中できる時間をとったほうが良いです。

睡眠型診断テストでタイプを把握して自分の体内時計にあった
生活スタイルを見つけていただくことをおすすめします。

パフォーマンスが低い時間帯に無理するよりも
高い時間帯に集中して仕事ややるべきことは終わらせるほうが効率的です。
自分にあった仕事のスタイルというのはとても重要です。
ぜひ、睡眠型診断テストで出た結果を生活に応用してみてください^^!

睡眠の質を高めたいという人はコアラ・マットレスがおすすめです。

追記

1ヶ月後に睡眠型診断テストをしたら「オオカミ」タイプでした。
仕事が変わり環境が変わり習慣も変わってきたのが、原因だと思いますが、
時々、睡眠型診断テストをするのも良いかもしれませんね。

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© メンタルブログ , 2019 All Rights Reserved.