【PR】人生を変える50%

   

【知らないと早死にする!】食べるだけで頭 が悪くなる習慣と対策法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
Pocket

こんにちは、けんやです。

頭が悪くなる食事をご紹介します。
実は私もストレスが原因である食べ物を毎日、食べていましたが、
そのせいでどんどん頭の思考が鈍くなるのを感じていました。

 

この記事では頭が悪くなる食事を紹介します。
頭が悪くなるだけでなく早死のリスクも高まるので
当てはまる人は最後まで読むといいでしょう。

この記事を読み終えると今日から食事を改めるようになり、
頭の回転もキレキレになります。

頭が悪くなった時のことを思い返しツイートしました。

頭が悪くなる習慣は食事にあった

頭が悪くなる習慣はそれぞれありますが、今回は食事に的を絞り紹介したいと思います。

脳にダメージを与える食べ物です。

食べ物って何気なく食べていると思いますが、
何も意識していないで食べていると知らずのうちに脳にダメージを与えることになります。

 

おいしさだけで食べ物を判断して食べていると
肥満、心疾患、糖尿病などの生活習慣病を起こします。
そして、脳に大きなダメージを与え行く末は
脳梗塞、脳失血、認知症などの深刻な病気を発症させるリスクを上げます。

逆に

健康を意識した食べ物を食べ続けることでいつまでも若々しい状態を維持できるようになったり
顔のしわやシミも少ないし肌の質もプルっと綺麗な状態を保てるでしょう。
(ちなみに肌年齢が若いと男性も女性も有能に見られるという、研究結果が出ています)
脳にも肉体的にもメリットしかありません。

 

そして、健康的な食事は頭が若い状態と同じいやそれ以上の脳が冴えわたるようになります。
人間は食べ物で構成されていると言っても過言ではありません。

では気になる脳にダメージを与えるおいしい食べ物から見てましょう。
その前においしい食べ物を食べることで起きる脳みその悲劇を紹介します。

記憶力が低下すると起きる悲劇

頭が悪くなる症状として挙げられるのが記憶力の低下でしょう。
記憶力が低下することで仕事の効率が悪くなるばかりではなくミスも増え
最悪会社に大損害を与え会社をクビになる、ということもあります。

 

それにプライベートでは何気ない日常でも支障がでます。
夫婦関係や恋人同士の喧嘩の原因にもなりかねません。

その原因は頭が悪くなる食べ物を普段から食べいる可能性が高いからです。

しかも、頭が悪くなる食べ物は身近なところに必ず存在します。

 

スーパー、コンビニ、あなたが食べ物を買おうと
買い物にでかけようとすると必ず存在します。
また、駅前や歩いていると目撃することもあります。

その【おいしい食べ物を食べることで確実に頭が悪くなります】。

記憶力が低下する食べ物とは?

頭が悪くなり脳にダメージを与え記憶力が低下する食べもとはズバリ、

ジャンクフードです。

ジャンクフードには
・お菓子
・ファーストフード
・インスタント食品
・加工食品
・精製された砂糖が含まれている食べ物
・菓子パン
などが挙げられます。

『意外!!』と思われる食べ物も実はジャンクフードに含まれます。

 

これらを食べることで確実にあなたの頭が悪くなり脳にダメージを与え記憶力が低下します。

今やジャンクフードはいたるところに存在します。
ついあなたも一度や二度、三度、四度と食べたことがあることでしょう。

ジャンクフードは食べることで記憶力が低下します。

一週間以上食べ続けると確実に記憶力が低下する

頭に悪い生活習慣 けんや
引用元:https://images.app.goo.gl/YeCkXqYUgSt6WDFM8

普段は野菜とか果物などの健康的な食事をしている20歳~23歳の大学生110人を対象に
ジャンクフードを1週間食べ続けるというとんでもない実験をオーストラリアにある
マッコーリー大学で実験がしました。

 

とんでもない結果が出ました!!

それは、記憶力テストで悪い結果が出たのです。
しかも、それだけではありません。
自制心が低下した
さらに、
『満腹だ!』と感じていてもさらに食べたくなる傾向があったのです。

なぜこんなことが起きるのかと言いますと、実験を行った研究者の見解では、

【記憶と学習に重要な役割を果たしているエリアである海馬にダメージを与え
記憶と学習の機能が損なわれさらに食欲のコントロールもできなくなるから
食欲が暴走する】、ということなのです。

この実験結果から言えることは
ジャンクフードは食べることは記憶力をつかさどる
海馬にダメージを与えるため頭が悪くなるということなのです。

一応、1週間食べ続けても海馬は回復することはできるらしいのですが、
極力、ジャンクフードを食べることは避けたほうがいいでしょう。

私のおすすめとしては友人と一緒にパーティとかで食べるのは良いと思いますが、
普段の生活では頭を悪くしたくないなら控えるといいと思います。

特に記憶力を発揮するような場面では食べると危険ということですね。

頭が悪くなる習慣から抜け出るすめには悪習慣を断ち切る方法を知る必要がある

ジャンクフードは頭を確実に悪くしさらに早死にのリスクを高める食べ物なので
なるべくなら食べないほうが身のためなのですが、
残念ながら大量の食べ物に溢れいる現代では食べなということはムリでしょう。

 

ジャンクフードと言ってもあなたが想像している以上にあちこちにあります。
・お菓子
・ファーストフード
・インスタント食品
・加工食品
・精製された砂糖が含まれている食べ物
・菓子パン
などはスーパー、飲食店など必ずあります。

 

それらを避けながら生活するというのはムリがあります。
それこそ出家をするか人里離れ自給自足の生活をするしかないかと思います。

それも非現実的なのでおすすめの方法をご紹介します。

それは、ジャンクフードを食べる量を少しずつ減らし
逆に野菜や果物などを食べる量を増やすという方法です。

具体的な方法について紹介したいと思います。

1日の食事を記録する

1日の食べる食事を記録しておく。
具体的に何を食べたのか記憶しておくと『意外に食べていたなぁ』とわかります。

それに食べたことを記録することでダイエットや節約にもつながります。

記事
☆記録する効果

1日に何を食べているのか把握したら次にやることは切り替えです。

ジャンクフードを食べたくなったら・・・

人間は習慣の生き物です。
だから、ついつい無意識に昨日と同じ事をしてしまいます。

 

それが、健康的であるなら全然いいのですが頭を確実に悪くするだけじゃなく
早死のリスクを高めるジャンクフードを食べることが当たり前になっているなら
ジャンクフードを食べるという習慣を変えたほうが身の為ということは言うまでもありませんよね。

そのために使えるテクニックがイフゼンルールです。

これは簡単に言うと、

『ジャンクフードを食べたくなったら野菜もしくはフルーツを食べる』

と自分に言い聞かせるテクニックです。
最初のうちはメモしてその都度、見ることをおすすめします。

そうすると、次第にジャンクフードを食べる回数が減り、
野菜やフルーツを食べる回数が増えるようになります。

 

このように習慣化のテクニックを使えば次第に頭が悪い生活習慣から抜け出し、
頭が良くなる生活習慣に切り替わるようになります。

私もこのようにしてジャンクフードを食べる生活から
野菜中心の生活に切り替わることができるようになりました。

 

『習慣化ついてさらに詳しく知りたい!』

という人は具体的には習慣化のテクニックをお読みください。
新しいことをムリなく確実に習慣にするテクニックについての有益な情報が満載です。

【No努力!!】1日1回の行動で習慣を可能にする挫折知らずの超習慣メソッド

頭が悪くなる習慣から抜け出し最高の身体を手に入れるには?

一番の資本といえば当然ですが、【健康的な身体】です。

もし、私が『真っ先に自己投資するなら何?』と聞かれたら

『自分の身体にお金をかける』と答えます。
そのぐらい健康は大事だと思っています。

 

実際に年間1兆円の売り上げを出している多忙な社長でさえ
健康的な身体を維持するために1日40分の運動習慣を取り入れ
食事には細心の注意を払っています。

 

もちろん、多くの人は社長ではないと思いますが、
多忙の社長ですら健康を意識しているということがポイントです。
ならば私たちのようは平均的な人ならもっと健康に意識すべきでしょう。

そこで、健康的な身体を手に入れる上で参考になる本をご紹介します。

『最高の体調』です。

著者の鈴木裕さんもかっては不健康な生活で身体を壊し、
そこから健康的な身体を手に入れるように生活習慣を変えたようです。

私も同じく不健康な生活をしていてそれで身体の調子が悪くなってから
健康的な生活を意識するようになりました。

そんなときに出会った本が『最高の体調』です。
健康的な身体こそがいかに一番の資本かということが分かる本なので、
絶対に読んでおきたい本です。

 

誰もが不健康な生活に簡単になれる時代だからこそ、
健康的な生活を意識的にしないとすぐに不健康になることでしょう。

頭が悪くなる習慣から抜け出すためには習慣化のテクニックを身につけるしかない

頭が悪くなる生活習慣とはジャンクフードを食べることにありました。

その結果、脳の機能の一つである海馬にダメージを与え
記憶力が低下しさらに食欲のコントロールもバカになります。

それを防ぐにはジャンクフードを食べることを控え野菜や果物を食べる量を増やすことです。

そのために必要なことは習慣化することです。

 

習慣化することができるようになれば、ジャンクフードを食べる量も間違いなく減ります。

そして、健康的な生活が自然とできるようになるので
頭も良くなる習慣を手に入れられるようになります。

そのための習慣化のテクニックを手に入れる方法に関しては以下の記事をお読みください。

【No努力!!】1日1回の行動で習慣を可能にする挫折知らずの超習慣メソッド

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© メンタルブログ , 2020 All Rights Reserved.