【PR】

不織布三層構造マスク

   

【大好き!】マーベルの映画作品を熱く語ってみた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも、林です。(@mental_hk

僕は高校生の時は映画を毎週見ていました。
と言ってもTUTAYAからDVDを借りて
土日は映画を二、三本を観るくらいの映画が大好きでした。

と言っても洋画メインが好きで
何が好きなのかと言うとストーリーです。
当時は仲の良い友達がいる訳でもなく現実逃避が出来るから映画が好きだったんです。

現実世界が嫌だったというのが映画をハマらせたきっかけになりました。

特に好きな映画が
『ダークナイト』
『インターステラー』
『グリーンマイル』
『ソウ』

でも、ここ数年は洋画でもマーベル作品以外はほとんど観なくなりました。

こんな人におすすめ
マーベル作品に興味がある人・好きな人

マーベル作品以外の映画を観ると後悔してしまう

もちろん、たまにはマーベル作品以外の映画を観ることがあります。
ですが、観たら大抵、後悔します。
あー、また同じパターンとなるからです。
ハリウッドの作品は大抵、ストーリー性が決まっています。

トラブルが発生してトラブル解決に乗り出す、
死にそうになるがなぜか、ありえないタイミングが起きて助かり最後はハッピーエンド

映画はシナリオは大抵、フレームワークが決まっています。
どの映画も、だいたい似たり寄ったりです。
神話の法則と言う本があります。
この本を読んだら大抵、その通りの展開になることがよく分かります。

『神話の法則』に書かれているフレームワークを適用すれば、
番人受けするというフレームワークを使用しているから、
ほとんどの映画のパターンがマンネリ化してるのがよく分かります。

マーベル作品は常に創造の先を行っている

一方で、マーベル作品というのは、
『アイアンマン』
『キャプテンアメリカ』
『マイティーソー』
『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』
『アントマン』
『ドクターストレンジ』
『スパイダーマン』
『ブラックパンサー』
『キャプテン・マーベル』
などヒーロー作品を出す会社ですが、
ほとんどの映画は公開後は興行収入1位を達成しているくらいに
今では映画界ではなくてはならない存在になっています。
(確実にファンを増やしているのは嬉しい限りです^^♪)

単品の作品自体もとても面白いです。
一番、はじめにスタートした
『アイアンマン』
『マイティーソー』
はありきたりのストーリー性ですが、
マーベル作品では、全てのヒーローが世界観を共有するというユニーバース化(MCU)
することで誰もが予想できない今までにない世界観を創り出しています。

単品映画では表現できない新しい世界観

通常は1がヒットすれば2、3と登場することが定番でしたが、
マーベル作品は1、2、3と続きを前提に作られている作品でもあります。

だから、世界観に一貫性があります。
しかも、相性が全く異なるヒーロー同士がクロスオーバーすることで、
予想を超えた展開やストーリー性生まれているのです。

つまり、先が読めないのです。

今までのハリウッド映画にはありきたりなどんでん返しになります。
最後はピンチの時にあり得ないタイミングでヒーローに好都合な展開になる。
と言うことですが、マーベル作品では最後、ヒーローはヴィラン(敵)には負けますが、
結果的に勝つ展開になることもあります。

『マイティ・ソーバトルロイヤル』の監督タイカ・ワイティティが
アイデアを振り絞り捻り出しているのがよく分かります。

They say never meet your heroes but I think Jeff is happy he did. #Ragnarok #LifeFindsaWay 📷 @jasinboland

Taika Waititiさん(@taikawaititi)がシェアした投稿 –

個性が強いヒーロー同士がクロスオーバーするMCU

しかも、作品毎に監督が違いヒーロー同士がクロスする作品
アベンジャーズでは監督全員の結集されたアイデアがいかんなく発揮さています。

一連の騒動で『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』
監督ジェームズ・ガンが解雇になったのは非常に残念でしたが、
彼の作品もとても素晴らしく楽しい作品でした。
(本当に復帰して欲しい。。。)

The Kraglin @originalfunko is in the house and hanging with the me Funko! #funko #kraglin #guardiansofthegalaxy #gotg

James Gunnさん(@jamesgunn)がシェアした投稿 –

例えば、
闘う起業家アイアンマン
アメリカの英雄キャプテン・アメリカは
全く生きる世界が違います。

ですが、この2人がぶつかっていく
ところはまさにワクワクが半端ありません。

違いに彼らのバックグラウンドがしっかりしているため感情移入しており、
どちらも自分の信念のために闘う姿は涙を誘います。

アイアンマンとキャプテン・アメリカが初めて出会う映画

2人の正義の信念のため友情に亀裂が生じる映画

もちろん、ほかのヒーローも魅力的ですが、また別の機会に書きたいと思います。

2018年で10年目の節目を迎えるわけですが、マーベル作品は今後も続くので非常に楽しみです。

衝撃の結末で終わった10年間の集大成である
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
全てはここから始まった!

追伸

以前、渋谷でアベンジャーインフィニティウォーの公開記念として期間限定で展示された
撮影で実際に使用された衣装やフィギュアです^^!

サノスの手デカいなぁ #アベンジーズ

林(ほわんもか)さん(@howanmoka)がシェアした投稿 –

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ネガティブ思考な人間で落ちこぼれでも 〝科学的データに基づく 心理学を生活に取りいれていけば、 人生を楽しく生きていけるんだよ!〟ってなことを発信しています(^-^)!   詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© メンタルブログ , 2018 All Rights Reserved.